お米の選び方

普段どんなお米を食べていますか?10キロ3000円前後の激安のお米ですか?それとも10キロ9000円前後の最高級の魚沼産コシヒカリですか?いまの世の中、食材もついつい安いものを選びがちです。お米は日本人の心です。お米にこだわれば、食生活が途端に豊かになります。あなたは本当のお米の味を知っていますか?

美味しいお米を食べればもっちりとした歯ごたえ、豊かな香り、スーパーで売っている安い米とは桁違いの味わいに誰もが感動するはずです。良いお米さえあれば、後は少し安い食材でも買えば、最高の食卓になります。一度この機会に、おいしい本当のお米を味わってみて、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

普段10キロ3000円くらいのお米を食べている方は、10キロ5000円を超える良質なお米はあまりに高すぎるように感じるかもしれません。しかし、高級米は実はとても安いのです。10キロのお米を炊くと、お茶碗約200杯分になります。つまり、10キロ3000円の激安米ですと、お茶碗一杯15円程度ということになります。あるいは、10キロ9000円の最高級米ですと、お茶碗一杯45円程度ということになります。これは果たして高いのでしょうか??

お米と一緒に食べるどんなおかずよりも安いのではないでしょうか。激安のカップ麺よりもはるかに安いのです。この値段で最高品質のものを口にできるのです。これは、最高に安い、最高の贅沢と言えるのではないでしょうか。逆にここをケチって激安の不味いお米を買っても、他の出費と比べて大した節約にならないわけです。それならば、お米には少々お金をかけてみてもいいのではないでしょうか。実際、10キロ5000円(茶碗1杯25円)も出せば、桁違いにおいしいお米を手にすることができるのです。まずは、1杯15円のお米を、1杯25円にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

米の選び方を解説します。正しい知識を身につけて、自分の好みのお米を見つけてください。おいしいお米を食べれば、心まで豊かになります。

多くの方が、袋の表に書かれた「魚沼産コシヒカリ」や「秋田産あきたこまち」などの表記を見て、値段と比べて選んでいることでしょう。もちろんそれで問題ないのですが、米袋の裏に細かい表示があるのでそちらも確認するとよりベストでしょう。米の販売は、他の青果物よりも厳しいトレーサビリティが法律によって求められています。どのようなお米を、いつ、誰が作って、どのような経路で流通したのかを、農家や流通事業者が記録しなければなりません。最終的に精米して袋詰めする業者は、米袋に法で定められたとおりの表記をする必要があります。主に米袋の裏にあります。

名称は中身のお米をあらわしています。通常の白米は「精米」と表記されます。内容量は中のお米の重量です。精米年月日は、中身のお米が精米された日付です。販売者は、最終的に米袋に詰めた業者です。原料玄米ですが、これが一番重要です。中身のお米の種類や生産された年、お米の構成比が記載されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です