どんな店で買えばいいのか!

現在は、お米屋さんだけでなく、スーパーマーケットや薬局。インターネットなどでもお米を売っています。しかもだいたいどこのお店も安いものから高いものまである程度取り揃えているので、手近なところで買うという人も多いでしょう。しかしお米は、保存状態・産地・品種などの条件によってかなり味が変わってしまいます。そこでお米を買う際は注意が必要です。

例えば品揃えが豊富である。きちんとしたお米の知識がある。客のニーズに柔軟に対応しようと努力している。むやみに高いお米を勧めない。置いてある商品の値段が常識の範囲内である。クレームや質問などに誠実に対応してくれる。もっとも、お店によって置いてある銘柄や品種は違うので、気に入ったお米を見つけるまでお店を変えてみるのもいいかもしれません。

同じ品種でも、産地が違ったりすると銘柄も変わり、お米の種類としては、「品種」「銘柄(商品名)」があります。ます。お米の美味しさは、お米そのものの味だけでなく、おかずを何にするかによっても、かなり感じ方は変わります。むしろ料理の内容・味付けに合わせたお米選びをすることで、美味しいご飯が味わえるでしょう。ただし、どのお米を選ぶにしても、信頼性の点から、「JAS法」による表示があるものを選ぶようにしましょう。この表示によって、産地・産年・品種、またブレンド米なら使用割合などがわかります。日本で作られているお米の品種は、うるち米だけで230種以上。ここでは比較的多く出回っている代表的な品種のみについて触れておきます。

味を楽しみたい・もっちりとした食感が好きな人・やわらかく炊くと美味しい・冷めても美味しい・洋食と相性が良いそんな人に合ったお米はやはりコシヒカリです。どんな料理にも無難にマッチするお米としては、ハエヌキ、ヒトメボレ、ヒノヒカリなどが有名です。お米の種類によって合う物合わない物もありますので沢山の種類の中からあった物を選んで食べるのが一番いいですね。だからと言っても現在お米の品種はとんでもない数です。その中からどうやって自分に合ったお米を見つけるのか・・・。それはもちろん食べるのが一番分かりやすいですが店員さんなどのアドバイスを聞くのも一つの手です。だからこそお店を選ぶ時にきちんとした知識を持った人がいる店を選ぶことが大切なのですね。約400品種の日本のお米の中から一番を探すのは大変だと思いますが収穫量では1位がコシヒカリ2位がひとめぼれ3位がヒノヒカリです。沢山作られているから美味しいと言う根拠はありませんが品種を選ぶ際の参考にしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です